受診予約・お問い合わせ
0463-91-4334

診療案内
動物の病気について|整形・神経疾患

ワンちゃんの椎間板ヘルニアについて

椎間板ヘルニアって
どんな病気?

ワンちゃんやネコちゃんにも、人と同じように背骨があります。

背骨は「椎骨」という骨が積み重なっていて、椎骨と椎骨の間には「椎間板」とよばれるクッションがあります。

椎間板ヘルニアとは椎骨と椎骨の間の「椎間板」が「何らかの影響で飛び出し神経(脊髄)を圧迫している」状況です。

事故や落下などの衝撃に伴い起こる場合と、何もしていなくても自然になってしまう場合があります。神経を圧迫することで痛みや麻痺が起こります。

椎間板ヘルニアは頸部(首)、胸部や腰部で発生することが多いです。

出典:みんなのどうぶつ病気大百科
<椎間板ヘルニア 犬>

また椎間板ヘルニアはハンセンⅠ型とハンセンⅡ型に分類されます。

ハンセンⅠ型

遺伝的な要因により変性した椎間板髄核が飛び出すことで脊髄が障害を受けるタイプであり、軟骨異栄養犬種で多く、急に症状が出ることが特徴です。

ハンセンⅡ型

加齢により脊髄が圧迫され障害を受けるタイプです。高齢で起こることが多く、徐々に症状が進行していくことが特徴です。


 

犬の椎間板ヘルニア ハンセンⅠ型 
出典:みんなのどうぶつ病気大百科
<椎間板ヘルニア 犬>

どのような症状がみられるの?

「痛み」「麻痺」が主な症状です。

  • 急に歩けなくなった
  • 足をひきずる
  • 抱っこしたときにキャンと痛がった
  • どこか痛そう
  • 元気がなく散歩に行きたがらない

などの症状でご来院されることが多いです。


一般的にはナックリング症状という足先がひっくり返ってしまう様子が見られますが、中には足を挙げてしまう場合もあります。


頚部の椎間板ヘルニアが重度の場合には4本足すべてが麻痺してしまい、
横倒しになり、呼吸がうまくできなくなって苦しくなってしまう子もいます。

胸腰部の椎間板ヘルニアの場合には症状がでるのは「後ろ足のみ」です。麻痺や挙上など、みられる症状は頚部の椎間板ヘルニアと同様です。

なぜ椎間板ヘルニアに
なってしまうの?

遺伝的な要因や加齢などが原因となると考えられます。

遺伝的な要因として椎間板ヘルニアになりやすい犬種として知られているのは
軟骨異栄養犬種と呼ばれる犬種で

  • ダックスフンド(ミニチュアとスタンダード)
  • ペキニーズ
  • トイ・プードル
  • コッカースパニエル
  • W.コーギー
  • シーズー
  • ビーグルなど

これらの犬種以外のどのワンちゃんにも椎間板ヘルニアになる可能性があります。また、ワンちゃんだけでなくネコちゃんにもみられることがあります。

首の椎間板ヘルニアの平均発症年齢は8歳頃、

腰の椎間板ヘルニアは上記の軟骨異栄養犬種では4~6歳、他の犬種では6~8歳でもっとも発症が多いといわれています。

 

椎間板ヘルニアの
診断法は?

胸腰部の椎間板ヘルニアにはグレードとよばれる症状別の分類があります。
グレードは簡単に分けると以下のようになっています。

※グレード1がもっとも軽くグレード5が最も重い状態です。

椎間板ヘルニア以外にも麻痺が起こる原因はさまざまです。
まずは神経学的検査と呼ばれる麻酔をかけないで行える検査を行い、どこの場所にどの程度の異常が起きているかを検査します。

次にCTやMRIといった高次の画像診断が用いられます。
犬種や年齢、症状によりCT検査、MRI検査のどちらかまたは両方の検査が必要か判断し検査をすすめていきます。

両方の検査機器がそろっているので一度の麻酔で診断を行うことが可能です。

どのような
治療をするの?

椎間板ヘルニアの治療は内科治療と外科治療に分かれます。

内科治療


内科治療はグレードが低い子に提案させていただくことが多く、安静が基本となります。
また、痛みが強い場合には痛み止めを処方したり、神経回復を促すようなビタミン剤やサプリメントを処方したりします。
頚部椎間板ヘルニアの場合には頸部固定(包帯を首の周りに厚く巻いて動かないようにします)を行ったり、胸腰部椎間板ヘルニアの場合にはコルセットをお勧めしたりしています。

外科治療


外科治療はグレードが高い子が基本ですが、グレードが低くても検査結果や臨床症状・経過により提案させていただく場合もあります。頚部椎間板ヘルニアではベントラルスロットと呼ばれる手術方法を、胸腰部椎間板ヘルニアではヘミラミネクトミーと呼ばれる手術方法を用いて脊柱管内に飛び出してしまった椎間板物質の除去を行います。

椎間板ヘルニアに
ならないための
予防法はあるの?

腰に負担をかけないことが予防になります。

具体的には

  • 適正体重をたもつこと
    肥満や痩せすぎは筋肉が少なくなるため腰に負担がかかりやすくなります。

  • 過度な運動は避けること
    ソファーなどへのとび乗りやとび降りや段差ののぼりおり、お散歩中に引っ張ってしまうなどが椎間板ヘルニアの原因になることがあります。

  • すべらないように気を付けること
    フローリングの床にはマットを敷いたり、足裏の毛や爪はこまめにカットをするとすべりづらくなります。

遺伝や加齢が原因となるため完全に予防することは難しいですが、特に軟骨異栄養犬種のワンちゃんは適度な運動と体重管理を行いましょう。

椎間板ヘルニアを
発症したらどうすればいい?

ある日突然歩けなくなってしまった、強い痛みで元気がなくなってしまったなど椎間板ヘルニアが疑われる場合にはご自宅で様子を見るということはせずにまずご相談ください。


神経はダメージを受けた時間が長ければ長いほど回復が難しくなることがあります。
ワンちゃんの状態により検査や治療をご提案させていただきます。

当院では、CT,MRI検査、外科治療、リハビリを実施しています。また発症してから時間がたっているワンちゃんでも診察させていただいています。

椎間板ヘルニアでお悩みの場合はお気軽にお問い合わせください。